Archive For 2015年7月30日

遺産相続を確実に行うために!遺言と遺言ノートを活用しよう

遺産相続とは何かを理解する

最近は、自分の死後、残された遺族に迷惑がかからないように、生前にできる限り整理をしておくことを考える人が増えてきているようですが、遺産相続に関して準備をしておくこともその一つといえるでしょう。遺産相続は、亡くなった人が持っていた財産を一定の遺族等である相続人が引き継ぐことで、民法によって定められています。また、遺産を承継した人には相続税がかかる場合がありますので、正しい節税対策を行うことも重要でしょう。

遺産分割でのもめ事を回避する遺言

遺産相続を行う場合、相続人が複数いれば財産を分割しなければいけません。死亡した被相続人が遺言を書いていない場合は、民法に定める法定相続分を参考にしながら相続人が話し合って分割割合について合意する必要がありますが、それぞれの思惑が交錯してなかなか全員の合意に至らないというケースも多いようです。そういったことを避けるためには、生前に遺言書を書いておくのが有効でしょう。遺言の内容は法定相続分に優先することになっているからです。

遺族が困らないように遺言ノートを作る

遺産相続のためには遺言を書いておくのが有効ですが、せっかく何かを書き残すのであれば遺言ノートと呼ばれるものも併せて残しておくと遺族が助かるでしょう。遺言ノートというのは、財産の分割の話しだけでなく、どんな葬式をしたいか、死亡したら連絡してほしい人はだれか、どんな生涯を送ってきたかという自分史などを書く欄が設けられているノートで、様式は様々です。法的な遺言としての機能は期待できませんが、死亡した人の希望を知ることができるため遺族にとってはありがたいものになるでしょう。

遺産相続で困っている場合には法律に詳しい専門家に依頼をすることで手続きなどもスムーズに進めることが出来ます。

やっぱり彼じゃなきゃダメ…復縁したい時に考えるべき3つのこと

何がいけなかったの?まずは自分を見つめてみる

貴方がどんなに彼との復縁を願ったとしても、思い通りにならないのが人の心ですよね。もう彼は、貴方への気持ちをすっかり清算し前を向いているかもしれません。既に新たな恋人がいるという恐れもあるのです。忘れられない!という気持ちだけで突っ走り復縁を迫っても実現は難しいでしょう。むしろ、完全に彼からうんざりされてしまうかもしれません。「別れ」というものには必ず「理由」が存在するのです。まずは、その理由について考えてみましょう。自分に足りなかったものは何だったのか、改善するにはどうすればいいのかということを、考え反省し改善していくことが大切なのです。

私はこれだけ彼を思っている!

自分を見つめ直したあとは、彼への気持ちについて見つめてみましょう。ただ、大好きだから!というのではなく、終わった恋をもう一度復活させたいのはどうしてかということです。一度「恋人」という特別な関係でいた二人ですから、相手の良いところばかりではなく悪いところも見えていたはずです。しかし、新しい出会い<元カレとなるのは何故なのでしょう?彼のことを本当に愛しているのか、どれだけ愛しているのか、もう一度考えてみてください。よく考えてみて、相手の悪いところが見え「復縁するほど愛しているか分からなくなった」なら新しい出会いを考えた方が幸せを掴めるかもしれません。

成功も失敗も100%はありえない

相手への愛を確認し、それでもやっぱり彼じゃなきゃダメ!となった時、一刻も早く気持ちを伝えたい!私の愛を受け止めて欲しい!となりますよね。彼に気持ちを伝えるにあたって大切なことは「当たって砕ける」という気持ちでのぞむということです。一度決別した相手とやり直すというのは本当に難しいことなのです。必ず失敗するというものではもちろんないですが、反対に必ず成功するというものでもないのです。本当の意味で「失敗して完全に嫌われても、気持ち伝えたことは後悔しない!」という覚悟の上で伝えてください。

復縁の方法の一つとして復縁おまじないを行う方法があります。復縁おまじないもいろいろな種類があるので自分に合うおまじないを見つけることによって復縁が成功する確率が上がります。