のためのアーカイブ ‘未分類’ カテゴリ:

心理学を学ぶ方法は、色々な選択が出来ます。

短大でも心理学の基礎は学べます。

心理学の勉強は基礎が大切です。短大で二年間勉強できます。保育・幼児教育関連の学科のある短大は子供の心理学が学べます。しかし、基礎を勉強しただけでは物足りなくなるはずです。四年生の大学に編入をして応用を学び、大学院で実践を勉強しましょう。心理学は奥が深いのでやりがいもある反面勉強は大変です。本当に好きでないと続かないです。人間の勉強なのでかなり日常生活にも役立つはずです。長い時間はかかりますがやる価値はあります。

大学で心理学を深めよう

大学ですと色々な学科があり自分で調べて自分にあった学科を選びましょう。ただし、文学部や教育学科に入ってしまうと二年次からの学習になります。認知心理学、交通心理学、幼児心理学などなどたくさんあります。心理学は広範囲に学ぶことがあります。絞って学習する必要があります。心理学には英語が必要です。合わせて学ぶ必要があります。まだまだ、日本の心理学は海外に比べると遅れています。英語の文献も少しずつでいいので読めるようにしましょう。

短大にも大学にも行けない場合は通信の選択もあります

働いているので、短大にも、大学にも行けない場合は通信制の大学で心理学を学ぶ方法もあります。通信制の大学では通信制の大学院まで心理学が勉強できます。認定心理士ならば実習などはこなさなければなりませんが習得可能です。心理学に興味が少しある方には、一科目ずつ選択することも出来ます。時間のある時に勉強が出来ますし、人間の学問なので日常生活にも役に立つことがたくさんあります。このように色々な学び方が出来るのです。

心理学の大学では心理学について深い知識を得ることが出来ます。しかし、一般的な教養も学ぶことが出来ます。

通信制大学を利用するメリットをまとめました

四年制大学卒業の資格を得られる

高校卒業と同時に就職した人は職業が制限されます。付きたい職業が合っても条件が四年制大学卒業以上という求人募集は珍しくはありません。その様な人には通信制大学を利用する事によって、新たな選択肢を得る事ができます。もちろん大学に入学できるレベルの学力は必要ですが、入学してしまえば仕事を辞めて通う必要はありません。インターネットを利用した授業なので通学の必要も無く、経済的な負担を心配しなくても済みます。転職を将来考えている人にはありがたい制度です。

資格を取得する事ができる

通信制大学に通うメリットには資格を取得できる点です。四年制大学の単位が無ければ取得できない資格は多く、教員免許などが代表的な例です。また、司法試験などは一次試験、二次試験とありますが、四年制大学の単位を取得して学士の称号を持っていれば、一次試験は免除されます。他にも実務経験が数年必要な自動車整備士や、環境調査の資格も取得できる権利が与えられます。資格を持っていれば、転職をしても好条件の待遇を受ける事ができます。

働きながら勉強ができる

今の仕事を今後も続けていきたいが、更なるスキルアップをしたいと考えている人にも通信制大学は役立ちます。転職目的でなければ、会社が費用を出してくれるところも少なくはありません。理系の大学を卒業したが、将来は海外の支社に転勤したいと願うのであれば語学大学、文系を卒業したが、研究の部門に転属したいのであれば、工業系大学という具合に自分の将来像を描きながら通信制大学を選びます。仕事の為なのでモチベーションを落とすことなく勉強に励む事ができます。

仕事をしながらでも大学卒業を目指せる方法として通信制大学があります。一定の単位はスクーリングで受講する必要がありますが、自宅で自分の都合に合わせて学習を進めることができるのがメリットです。