遺産相続を確実に行うために!遺言と遺言ノートを活用しよう

遺産相続とは何かを理解する

最近は、自分の死後、残された遺族に迷惑がかからないように、生前にできる限り整理をしておくことを考える人が増えてきているようですが、遺産相続に関して準備をしておくこともその一つといえるでしょう。遺産相続は、亡くなった人が持っていた財産を一定の遺族等である相続人が引き継ぐことで、民法によって定められています。また、遺産を承継した人には相続税がかかる場合がありますので、正しい節税対策を行うことも重要でしょう。

遺産分割でのもめ事を回避する遺言

遺産相続を行う場合、相続人が複数いれば財産を分割しなければいけません。死亡した被相続人が遺言を書いていない場合は、民法に定める法定相続分を参考にしながら相続人が話し合って分割割合について合意する必要がありますが、それぞれの思惑が交錯してなかなか全員の合意に至らないというケースも多いようです。そういったことを避けるためには、生前に遺言書を書いておくのが有効でしょう。遺言の内容は法定相続分に優先することになっているからです。

遺族が困らないように遺言ノートを作る

遺産相続のためには遺言を書いておくのが有効ですが、せっかく何かを書き残すのであれば遺言ノートと呼ばれるものも併せて残しておくと遺族が助かるでしょう。遺言ノートというのは、財産の分割の話しだけでなく、どんな葬式をしたいか、死亡したら連絡してほしい人はだれか、どんな生涯を送ってきたかという自分史などを書く欄が設けられているノートで、様式は様々です。法的な遺言としての機能は期待できませんが、死亡した人の希望を知ることができるため遺族にとってはありがたいものになるでしょう。

遺産相続で困っている場合には法律に詳しい専門家に依頼をすることで手続きなどもスムーズに進めることが出来ます。