泣き寝入りしない!交通事故の賠償額の不満は弁護士に相談

事故後、賠償をめぐり紛争に発展することも

不運にも自動車事故にあった場合、互いの損害に対する賠償をめぐる問題が出てきます。自動車保険に加入していれば、保険会社のスタッフが示談の代行を行いますので、多くの場合、被害者はその結果を待つことになります。そこでの賠償額は、お互いの過失の割合によって決まります。それぞれの過失に応じて賠償額が相殺され、そこから支払われる額が決定されるわけです。しかし、この過失割合の認定や、賠償の額に不満が出るケースも少なくなく、法的紛争に発展することもあります。

弁護士は独自の賠償額基準で被害者をサポート

保険会社の提示に不満がある場合は、第三者に精査してもらい、納得のいく賠償を受けるためにサポートしてもらう必要があります。ここで活躍するのが、交通事故を専門とする弁護士です。彼らは、裁判所の実際の判例などをもとにした独自の弁護士基準を、損害額算定に利用します。これは、保険会社が使用する基準よりも額が高くなっているのが特徴で、被害者に有利となるわけですね。これをもとに保険会社と交渉にあたったり、場合によっては加害者を相手に訴訟を起こしたりします。

弁護士特約で万が一の事態も安心

こうして、弁護士に介入してもらう場合、一番気になるのはその費用ですよね。相談費用や着手金、報酬などいろいろとかさむもので、かなりの金額になってしまうこともあります。こうした場合に備え、自動車保険に加入する際、弁護士特約をつけておくとよいでしょう。これは、弁護士を利用する場合にかかる費用を補償してもらえるというものですので、かかる費用の心配をせず安心して弁護士に依頼することができます。わずかな保険料ですので、いざという時のために付けておくことをおすすめします。

鹿児島の弁護士は法的な問題が発生した場合には豊富な実績と知識を使って対応してくれるので非常に便利です。